【2019年本屋大賞 大賞】Amazon売上ランキング1位「そして、バトンは渡された」のレビューまとめ

【2019年本屋大賞 大賞】Amazon売上ランキング1位「そして、バトンは渡された」のレビューまとめ

そして、バトンは渡された

2019年本屋大賞の大賞書籍「そして、バトンは渡された」のAmazonレビューまとめです。
「そして、バトンは渡された」はAmazonだけでなく町の本屋さんでも人気でした。



1: Amazon カスタマーさん: 2018年2月28日

★★★★★
読み終わりたくない本

素晴らしい読後感。
瀬尾まいこさんの作品は全部読んでますが、個人的にはトップ3に入る作品です。
読んでいる間、ずっと読み終わりたくないキモチにさせてくれる本です。

 

2: Amazon カスタマーさん: 2018年3月13日

★★★★☆
ファンタジー

現実はこんな風にはいかないだろう。でももしこういう事が起こったら自分もこういう1人でありたいと、登場人物たちの温かさや誠実さに引き込まれた。

 

3: Amazon カスタマーさん: 2018年3月17日

★★★★★
人を受け入れることの大切さ

この本の登場人物は,人を受け入れ,相手の気持ちを推し量ることができる人です。
読んでいて,やさしい気持ちになります。
でも,他者の本当の気持ちをすべて知ることはできません。
文章構成が,物語を引き立てていると思います。
素敵な作品です。

 

4: Amazon カスタマーさん: 2018年4月1日

★★★★★
また一つ好きな作品が増えました!

主人公をとりまく環境は複雑でデリケートな状態のはずなのに、読んでいるうちにいつのまにか心がじーんとなり、家族っていいな、人との繋がりって幸せだなと感じさせてくれます。淡々と、でも温かに語られる瀬尾さんの作品が大好きです。

 

5: Amazon カスタマーさん: 2018年4月9日

★★★★★
優しい気持ちになれる本。

多くは書きません。
ただただ優しくて、心地よくて、読み終わりたくなかった。
また時間をおいて、何度でも読みなおしたい本。
瀬尾さん、いつもありがとうございます。

 

6: Amazon カスタマーさん: 2018年5月20日

★★★★★
小さな幸せを感じられる本。

大好きな瀬尾まいこ先生の新作、とても心が温まる作品でした。
最初から最後まで大きな事件などは起こりませんが確実に心に響く作品です。家族の温かさ、音楽と食事の大切さを改めて知ることができました。何度も読み返したい作品です。

 

7: Amazon カスタマーさん: 2018年5月21日

★★★★★
いいお話でした。

何人も親が代わるとひねくれものになりそうですが、すべての親になった人たちがとてもいい人で凄く素敵な娘さんに成長されました。読み終わったあとなんか温かい気持ちになりました。

 

8: Amazon カスタマーさん: 2018年6月26日

★★★★★
幸せ

読み終わると、とても幸せな気持ちになる
「子供は親を選べない」でも、幸せになる権利はあるし、血の繋がりは無くても「親」は子供を幸せにする義務がある
現実は厳しいけど、こんな素敵なお話が世界のどこかにはあっても良いと思う

 

9: Amazon カスタマーさん: 2018年7月14日

★★★★★
素敵な物語でした

優子ちゃんが本当にいい子で幸せを祈りながら読みました。
瀬尾さんの作品はいつも読んだ後優しい気持ちになります。

 

10: Amazon カスタマーさん: 2018年12月23日

★★★☆☆
もっとあるはず

みんな良い人で、サラッと読み終わってしまった。こんなに大事にされる優子の魅力や親たちの人間性が今ひとつ説得力を持たない。しばらくしたら忘れてしまいそう。

 

11: Amazon カスタマーさん: 2019年1月20日

★★★★★
家族とはと考えさせられます。

とてもよかった。最後は泣けます。こんなに一生懸命子育てしている親子愛に感動です。

 

12: Amazon カスタマーさん: 2019年2月18日

★★★★★
大変な境遇にありながら、あっけらかんとした主人公がいい

主人公は父親が3人、母親が2人いて、名字も3回変わる、そんな高校3年生の女の子である。そんな境遇をきいたら、さぞかしつらい人生だろうと感じると思うが、本人は悩みがなくてあっけらかんとしている。そして現在の父親の森宮さんがホントにとぼけてていい味出してる。こういう家族小説を待っていた。
ちなみに、最後はちょっとネタバレ的ではあるけど、東野圭吾の秘密を思わせる終わり方で涙なしには読めません。

 

13: Amazon カスタマーさん: 2019年2月23日

★★★★★
透き通る気持ち

一つ一つの言葉、エピソードは暑苦しくないのに、全て を読み通り抜けると、綺麗で透明でしっかりとしたものが残る。

 

14: Amazon カスタマーさん: 2019年3月25日

★★★★★
温かい気持ちになれる本

実の親ではない親から愛され続ける子どもと血のつながりのない子どもを愛する親のお話。現実にはあり得ない。しかし、親となることで明日が2つになる、未来が2倍以上になる、そんな言葉が心にしみた。

 

15: Amazon カスタマーさん: 2019年3月27日

★★★★★
美味しい青春&家族小説

主人公の高校3年生の1年間を追った第1章と、大人になってからの第2章。
美味しい食べ物がたくさん。食いしん坊にはたまらない。
そして複雑な家族関係。徐々にひも解かれる半生。平易な文章に、いっき読み。
最後の終わり方も最高。じーんときた。ぐっときた。面白かった。

 

16: Amazon カスタマーさん: 2019年4月1日

★★★★☆
心温まります

父母の娘(主人公)を思う気持ちに心温まりました。特に後半、娘が大人になってから各父母の思いが明されていく場面が良かったです。

 

「そして、バトンは渡された」のAmazonレビューを見る
https://amzn.to/2P02y0a


【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された をAmazonで購入する

Amazonレビューカテゴリの最新記事