【めちゃお得】聞ける本Audible (オーディブル) の返品・交換システムwwwwww

【めちゃお得】聞ける本Audible (オーディブル) の返品・交換システムwwwwww

今回は聞ける本Audible (オーディブル) のお得な使い方について紹介します。
返品・交換について知っているのと知らないのでは大違いですよ。

 Audible (オーディブル) の詳細を見てみる


Audible (オーディブル) とは?

概要

Audible (オーディブル) は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービスです。
ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがあります。

料金

会員制で月額1,500円です。
毎月1つコインがもらえて、そのコインで好きなタイトルを購入できます。

利用者の声

ビジネス書はオーディオブックと親和性高いと思う
ながら聴きするなら物語に限るかな
通勤退勤で歩いてる時、運転中や電車の中で聞いてる
俺の場合は仕事で単純作業をする時に聞いたりしてる
これ極めたら本不要になるな
最小の意志力で小説を堪能出来るのエンタメとして最高
ジャグラーを打ちながら小説最高
パチンコ打ちながら聴いたら最適だと思う

「ながら聴き」に向いているコンテンツですね。
通学・通勤時に音楽を聴くように、小説やビジネス書を聞けるといいですよね。
落語や松本人志ラジオの放送室は無料で聞くことができます。

Audible (オーディブル) のお得な使い方

Audible (オーディブル)は月額1,500円で1タイトルが購入でき、さらに別のタイトルを購入しようと思うと別途料金がかかってきます。
庶民の自分からみれば月額1,500円で1タイトルとしても「高いな」と思います。
まあ、通常の本1冊でも1,500円以上するものもありますけど。
しかし月額1,500円で2タイトルなら1タイトル750円と実質半額になりますよね。
月額1,500円で3タイトルなら1タイトル500円で実質3分の1になります。
なんとAudible (オーディブル)は返品・交換を受け付けているので「1つのタイトルを聞き終わった後で返品・交換することが可能」なのです。
実際にAudible (オーディブル)の愛用者たちはこの返品・交換システムを上手に活用しお得にAudible (オーディブル)を楽しんでいるのです。

返品・交換システム

返品・交換について説明します。
返品・交換には2種類のやり方があります。
「ウェブサイト返品」と「カスタマーサービス返品」です。
「ウェブサイト返品」は購入履歴から1クリックで簡単に返品できるシステムです。
「カスタマーサービス返品」は電話かEメールで返品するシステムです。

ウェブサイト返品

手順

1 PCサイト「○○さん、こんにちは!」よりアカウントサービス(ログイン)
2 画面左の項目から「購入履歴 (返品)」をクリック
3「表示」から「注文内容」を選択
4 表示されたタイトルの右にある「返品する」をクリック

現状報告まとめ

アカウントに対し約8回の返品で自動的にウェブサイト返品が停止されます。
8回以内で停止した場合、しばらくして再読込で復活したりもします。
復活の情報は僅かにありますが、詳細は不明のままです。

サービスセンターの返答

回数制限や停止回復期間の存在は認めているが、その詳細は公表しないとの事。
上記の停止措置以外にペナルティは無いとの事

カスタマーサービス返品

手順

Audibleサイト上部の「お問い合わせ」から「お電話」「Eメール」どちらでも返品依頼ができます。

現状報告まとめ

現在のところ制限やペナルティの報告なく返品できているようです。
メール返品は会員登録したメアドから送ること。件名は「返品依頼」でok

サービスセンターの返答

返品回数に上限は無いが、下記文言などやや厳しくなっている模様
「短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。」
返品理由の審査に関しては明確な回答なし

返品に関する利用者の体験談

初めてメールで返品したんだけど30秒ぐらいでコイン返ってきた。
入会して一週間もたたないうちに15冊は返品してる。
月に3冊程度の返品でずっとやって来てるけど今のところ制限の兆候はないな。
今日二度目のメール返品を二冊まとめてやってみたけど、お許し貰えるかすでに不安だわ
理由はどっちも内容が思っていたのと違ったにしておいた。
返品ボタン復活するも7冊ボタン返品したら、返品ボタン消失なり。
その後、メール返品お願いして、ダメかなぁと思ってたら、返品OKだった
返品理由:続編が聞きたかったので
今のところ月3冊程度の返品ペースだったら制限はかかってない
「合計何コイン返品したか?」ではなく「一定期間の内に何コイン返品したか?」ってのを基準に判断してるみたい

まとめ

今回は返品・交換システムを使ってAudible (オーディブル)をよりお得に利用するやり方をまとめてみました。
利用者の声より実際には月に3タイトル程度の返品ペースが良いのかなと思います。
月に3タイトル返品ということは4タイトルを聞くことができるということです。なので1タイトル375円で利用できるとなるとかなりお得だと思いませんか?
その他にも会員なら無料で聞き放題のコンテンツもあります。

Audible(オーディブル)は30日間の無料体験があるのでぜひ試してみてください。
Audible(オーディブル)を使い続けたいなら返品・交換システムを上手に使ってお得にサービスを楽しんでください。
30日間無料体験だけでいいやという人は、返品・交換の回数制限がかかるまで色々なタイトルを聞いてみてはいかがでしょうか?

30日間の無料体験を試す

Audible オーディオブックカテゴリの最新記事