持続化給付金を貰えなかった人はまだ諦めないで!

持続化給付金を貰えなかった人はまだ諦めないで!

持続化給付金とは中小法人個人事業主を対象に支給される給付金のことです。

支給の条件は、前年同月比の売り上げが50%以上下がっていることです。

対象期間は2020年1月から2020年12月までです。

売り上げが下がったけどギリギリ条件に合わなくてまだ持続化給付金をもらっていない人も多くいるのではないでしょうか。

自分は緊急事態宣言が出た一番大変な時期に売り上げが50%以上下がらなかったから、もう持続化給付金は諦めていました。

しかし、最近また感染者数が増加しており事業の売り上げが回復できるかどうか不安になる人も多いのではないでしょうか。

持続化給付金は対象期間が2020年の12月までなので諦めていた方ももう一度意識して事業を頑張ってください。

ただし、給付金欲しさに不正受給をしてはいけませんよ。

不正の手口としては二重申請売上高を意図的に減らすなどです。

経済産業省は「持続化給付金」の不正受給の調査を開始しています。

不正がばれた場合、給付された額以上の金額を返金しなければならず、悪質な場合は刑事告訴の可能性もあります。

ですので、不正受給はダメ!絶対!

国の持続化給付金とは別に区市町村から支援金などが出る場合があります。

自分の市では国の持続化給付金の条件に当てはまらない人を対象に支援金がもらえます。(条件あり)

その他にも、これは市民全員が対象ですが、地域の飲食店と提携したお得な飲食チケットを販売しています。

なので自分の住んでいる区市町村のホームページは定期的にチェックした方がいいですよ。

仕事カテゴリの最新記事